ナイトアイボーテ メイク

torin

ナイトアイボーテで二重になるまでは 色々二重になる為に試行錯誤していました。

過去の私のメイク術を紹介します。

「にらむな」「目を開けろ」「笑うと目が無くなる」 腫れぼったい一重、おまけにデブなので今まで散々ひどいことを言われてきました。

一重に悩む人なら、きっと同じような経験があると思います。

けれど、ある程度大きくなり「メイク」という魔法を手に入れることができました! メザイク、アイプチ、二重シールに絆創膏・・・ 肌に合わずかぶれたり、気が付いたらシールがはがれて悲惨なことになっていたり、完璧にできたと思っても長時間保てなかったり。 それでも憧れの二重を目指し、試行錯誤の毎日。

そうこうするうちに、自分に合った二重の作り方を覚えてきました。

自分の場合は、少し固めの絆創膏をなりたい二重の幅にカットして貼る方法。

カットした絆創膏がはがれないよう、貼る前にしっかりとまぶたの油分を取って、極力、絆創膏の接着面を触らないようピンセットを使ってまぶたへ貼る。

はがれないよう、しっかり指で押さえる。

この時、端を特にしっかりと貼っておく。

まばたきして、満足いく二重の幅か、二重の線が不自然でないかを確認したら、絆創膏をカモフラージュ。

アイシャドウ、ファンデーションなどを使い、絆創膏のビニールのテカリを消してまぶたと同じ色味にする。

これは、貼った絆創膏との相性によるので、クリームがいい、粉がいいなどと一概に言えないので、とにかく試して良かったもの使う。

同じ商品でも、ラメが入っているなどの質感の違いで変わってくるので、本当にこれは試すしかないです。

苦労した分、きれいな二重ができた時は本当に嬉しくなります。 それに、すこしだけ自信もついてきます。

人それそれの目の形、肌質によって二重の作り方は違ってきます。

なので、自分だけの「魔法」を手に入れて、憧れの二重ライフを送りましょう!

 

メイクなしで二重になりたい場合はナイトアイボーテしかありませんけどね(笑)

>>ナイトアイボーテ公式サイト

コメントを残す